スポンサーリンク

【自宅の売却】購入希望者の内見には立ち会った方が良いの?【住み替えの体験談】

中古住宅の売却

こんにちは。

わが家は、築30年の中古住宅を購入し、リフォームをして10年間住みました。

その後、家の建て替えを検討し最終打ち合わせまでいきましたが、結局、建て替えをやめて家は売却。

新たに土地を購入して注文住宅を建築しました。

まるで、すまいのフルコース。笑

大変でした。

 

今日は、住み替えにおける家の売却のことをお話したいと思います。

 

家の売却って、そうそう経験するものでもないので、分からないことだらけですよね。

 

特に売却をする際に、避けて通れないのが購入希望者の内見です。

内見結果が購入してくれるかどうかの一番の判断材料になるので、私もそれはそれは片付けや掃除を頑張りました。

 

さて、ここで一つ「内見において自分が経験して初めて知ったこと」があるので、それをお伝えしたいと思います。

 

内見には依頼している仲介業者が立ち会いをしてくれますが、私たち売り主もその内見に当然立ち会うものだと私は当初思っていました。

それが、実は、立ち会わなくても良いのです。

 

立ち会うか立ち会わないかは、自分たちで決められるそうです。

そんなこと、私は全く知りませんでした。

では、実際のところ「立ち会う」「立ち会わない」どちらが良いのでしょうか?

 

今日は、家の売却時の内見には、「売り主も立ち会った方が良いのか」、「それとも立ち会わない方が良いのか」を経験をもとにお伝えしたいと思います。

仲介業者に聞いたそれぞれのメリット・デメリット

立ち会った場合

メリット
・家の良さやおすすめポイントを自分の口でしっかり伝えることができる。
・内見者の手応えや反応が直接分かる
デメリット
・買ってもらいたいがゆえに、つい良いところをアピールしすぎて、相手が引いてしまうことがある。
・売り主(その家の持ち主)がいると、遠慮して内見者がしっかり見ることができない。

立ち会わなかった場合

メリット
・居合わせないことによって、売り主(自分)の負担が減る
・家の住人がいないため、内見者は気兼ねなく見学できる
・もし近所に住み替える場合、内見で顔見知りにならないので、何となく気まずいということが起こらない。
デメリット
・内見の様子や手応えが、仲介業者からの説明からしか分からない。
・自分の口で、しっかり良さをアピールしたい人には不向き。(アピールした方が売れるというわけではない)
・貴重品管理をしっかり行う必要がある。

わが家は結局どうしたのか?

では、我が家はどうしたのかというと、【立ち会わない】という選択しました。

 

理由として、

①住み替え先が近所で同じ校区内だったため、万が一売買の際にトラブルが発生したなんてことになると非常にその後が気まずいので、なんとなく顔見知りになりたくなかったこと

②我が家の子供がまだ小さく、内見時には夫は仕事でkanano一人で対応をしないといけない状況だったため、内見中に部屋のきれいを保てる自信がなかったこと。また、子供の相手をしながら、内見者や仲介業者の対応をしっかりとできる余裕がないと判断したため。

大きな理由としてはこの2つです。

 

では、実際どうだったのか?

「立ち会わない」という選択をして、結果的に良かったと思います。

 

流れとしては、

①まず仲介業者より内見希望の予約が入ります。

 

②その日時までに、とにかく家を掃除します。

 

③そして、内見の時間の15分前くらいには、子供を連れて家を出ます。内見が終わるまではどこかで時間つぶし。

 

④家の鍵は仲介業者にあらかじめ渡しているので、その鍵を使って仲介業者が内見者とともに家に入ります。

 

⑤内見が終わると、仲介業者より終了報告の電話がくるので、家に帰ります。

 

以上。

 

立ち会わないということは、正直、とっても気楽でした。

アピールしてほしいポイントは仲介業者さんにあらかじめ伝えているので、業者さんが伝えてくれますし、

人と会うということは、やはりそれだけで疲弊しますので、子供の小さい私にとっては、立ち会わないほうのメリットの方が大きかったですね。

自宅の売却には必ず相見積もりをしよう

自宅を売却する際には、査定をしてもらうかと思いますが、その査定は必ず複数社から相見積もりをとってください。

不動産の世界って、正直に言うと、価格はあってないようなものです。

だから、仲介業者によって家の査定額ってかなり違ってきます。

 

kanano

実際にわが家は、3~4社に査定をお願いしたのですが、査定額は本当にバラバラ。数百万円違いました。

もし、一社しか査定を頼んでおらずに、その会社の査定額が低ければ、わが家の相場は低いのだと諦めて、低い売値を付けていたと思います。

その点、数社に査定を依頼すれば、おおよその相場が分かりますので、その相場に合わせて売値を決定できるのです。

なので、相場を知るためにも、複数社への査定を依頼をされてください。

 

また、複数社へ依頼することによって、会社のカラーも分かってきます。

査定額の根拠が曖昧な会社もあれば、しっかりしたデータに基づき、査定額の根拠を示してくれる会社もあります。

できれば、しっかりした会社に納得してお願いしたいですよね。

 

とは言っても、ネットで調べて一軒一軒問い合わせるのは大変なので、

無料の一括査定サービスを利用されることをおすすめします。

わが家も一括査定を利用しましたよ。時短になって助かりました。

無料一括査定はこちら↓↓

 

ご自宅の売却は大変かと思いますが、これから自宅を売却しようと計画されている方の一つの参考になれば幸いです。

 

《はーちゃんの楽天room》

\マイホームのおすすめ品/

施主支給したもの、使って良かったもの、タイル、ライト、日用品etc..

 

コメント

はーちゃん

中古住宅リノベ、建て替え、住み替えと紆余曲折して、理想のお家のたどり着いた主婦。
お家のことが大好き。ずぼらなのに綺麗なお家に住みたい願望を叶えるために、いかに家事で楽をするかを第一に考えて新居を建築。

はーちゃんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました