112万人が利用してる家づくり支援サイトを覗いてみる

【間取り考察】住みにくい家になってしまう特徴6選《⑤子供が見えないキッチン⑥道路族》

住み替え
スポンサーリンク

こんにちは。

わが家は、築30年の中古住宅を購入し、リフォームをして10年間住みました。

その後、家の建て替えを検討し最終打ち合わせまでいきましたが、結局、建て替えをやめて家は売却。

新たに土地を購入して注文住宅を建築しました。

まるで、すまいのフルコース。笑

大変でした。

 

 

今回は前回の続き。

住み替え前のお家がとても住みにくい家だったので、

「住みにくい家になってしまう理由」を順に解説しています。

 

住みにくい家には理由がある!

つまり、それに気をつければ、住みやすさはグンと上がる!!

 

今回は、《住みにくい家になってしまう特徴6選》のうち「⑤キッチンからリビングが見えない」「⑥公園がないため道路族が多い」について解説します。

 

スポンサーリンク

住み替え前の家の間取り

 

まずは、住み替え前の家の1階の間取りを公開いたします。

 

※ちなみに購入者様がいるため、間取りは完全に再現はしておりませんことをご了承下さい。また、その方は大幅にリフォームをされているので現在の間取りは異なっています。

住みにくい家になった理由

以前の家に住んでいた際、私は家があまり好きではありませんでした。

 

家にいても落ち着かない。

自分たちの暮らしに合っていないから、日々の暮らしに労力がいる。

暮らしを維持すること、整えることが大変。

家は常に雑然としていて、いつもイライラ。

 

その理由は、次の6つになります。

 

○住みにくい家となった理由○

1階に適材適所の収納がない
洗濯動線が悪い。室内に干す場所がない    
来客が気になりトイレにゆっくり入れない
和室が使い勝手が悪い   
キッチンからリビングや和室の様子が見えない←今ここ
⑥子育て世代なのに公園のない地域での子育て。道路族が多い。

 

①の前回の話はこちら↓

【間取り考察】旧居に学ぶ!住みにくい家になってしまう特徴6選《①収納のはなし》
住み替える前の中古住宅の家は、とにかく住みにくい家でした。もちろん古い家だったので、たとえリフォームをしても家の寒さや結露のしやすさなど避けようがないこともありますが、それでも住んでみて初めて分かる「家の住みにくさ」というものがありました。...

②の話はこちら

【間取り考察】旧居に学ぶ!住みにくい家になってしまう特徴6選《②洗濯のはなし》
今回は前回の続き。住み替え前のお家がとても住みにくい家だったので、「住みにくい家になってしまう理由」を順に解説しています。住みにくい家には理由がある!つまり、それに気をつければ、住みやすさはグンと上がる!!今回は、《住みにくい家になってしま...

③の話はこちら

【間取り考察】住みにくい家になってしまう特徴6選《③トイレとインターホンのはなし》
住み替え前の家が、とても住みにくい家でした。その理由を考察しています。今回の記事は、こちらからの続きになります↓↓まだ、こちらの記事を読まれてない方は、《①.②》から読んでいただけると分かりやすいです。では、早速つづきから参りましょう!住み...

④の話はこちら

【間取り考察】住みにくい家になってしまう特徴6選《④ライフスタイルに合わない部屋》
今回は前回の続き。住み替え前のお家がとても住みにくい家だったので、「住みにくい家になってしまう理由」を順に解説しています。住みにくい家には理由がある!つまり、それに気をつければ、住みやすさはグンと上がる!!今回は、《住みにくい家になってしま...

 

⑤キッチンから和室やリビングの様子が見えない

 

⑤は説明がいらないと思いますので、簡単に終わります。笑

 

これは、本当にその家のライフスタイルによるかと思うのですが、

小さな子を子育て中だったわが家には、キッチンに立つと、周りの様子が見えないことが本当に大変でした。

リビングは見えないし、和室も見えない。

ついでにテレビも見えない。笑

 

子供が小さいうちは、仕方がないのでダイニングを撤去してそこをプレイルームにしていましたね。

 

さらなるカオス。笑

だけど、誤解しないでほしいのですが、キッチンが奥まっていることが悪いというわけではなく、

子育て中ではない方やお料理が好きな人は、キッチンにこもってお料理に集中したい方もたくさんいらっしゃるかと思いますので、これは、何を優先するかによるかと思います。

 

ぜひ、【どのような暮らしがしたいのか】を考えて、間取りをご検討下さい。

あくまで、自分たちのライフスタイル、どのような暮らしをするかということによって

その家庭に合う間取りというものは異なってきます。

 

⑥公園が近くにない。ゆえに道路族が多い。

《道路族》・・・自宅周辺の路上において、遊ぶ子供、それを注意しない親のことを指す俗語(ウィキペディアより)

 

住み替え前の家の近くには公園がなく、道路族の多い地域でした。

「公園がない」ということは、子育て世代のわが家にとっては地味に困ることでした。

 

人それぞれいろいろな考えの方がいるので、

道路で遊ぶことを良しとして、子供に遊ばせる方もいれば

道路で遊ぶことを良く思わない方もいるのは当然のこと。

 

子供が小さなうちは、車に乗って私が公園まで連れて行くことで問題がなかったのですが

子供が年長や小学生くらいになってくると、近所の路上で遊んでいる子供たちと一緒に遊びたがるんですね。

もちろん道路なので危ないです。大人の付き添いは必須。

下の子が小さかったりしたので、道路族での付き添いが結構な負担でした。

 

また、近所の子も公園がないので暇なこともあり、こちらの都合なんてお構いなしに

しょっちゅうピンポンが押されて「あそぼー!」と道路で遊ぶことに誘ってきました。(わが子にはそれはしてはいけないと教えていましたが)

 

ほんっとストレス。。

 

私自身、

道路で遊ぶことに加われば、自分が道路族になって迷惑をかけている点が気になり、

道路で遊ばないようにすれば、道路で遊んでいる顔見知り程度の人たちとすれ違うのが微妙に気になる。子供も遊びたがってぐずる。

家にいても、輪になって楽しそうに道路で遊んでいる子供や世間話をしている大人の声が聞こえて、それもなんだか気になる。

 

参加しても、何かしら気になり

参加しなくても、気になる。

 

家にいても、いつピンポンが鳴らされるか分からないし

こちらの都合なんてお構いなしに付き添わないといけないし

まわりに迷惑をかけていることがしんどく

道路族になっている自分にストレス

 

家にいても落ち着かない。自分のペースが乱される。

 

日々の日常がストレスで、なんて住みにくい家なんだろう・・。

あの頃はそう思っていましたね。

有り難かったのは、ご近所の方はいい方ばかりだったので、道路族になっていても苦情を言われたことは一度もなく、

むしろご近所のご年配の方も、「このあたりは公園がないからねー」と一緒になって子供たちを見守ってくださる方が多かったです。

 

それでも、やはり子育て世代のわが家は、公園がなく道路族になってしまうこの地域での子育てが思った以上にストレスでした。

 

公園が近くにあって、子供が安全に思い切り遊べて、

ピンポンってよその家をしょっちゅう鳴らさなくても、公園に行ってその時に公園にいる子たちと遊べばいいという環境が、
喉から手が出るくらいほしかったです。

 

住み替えた現在は、きれいな公園がすぐそばにあり、子供たちはそこで元気に遊んでいます。

道路で遊ぶことはなくなり、「暇だよ-」と突然ピンポンを押されることも全くなくなりました。ノンストレスです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか

①~⑥まで、「住みにくい家とはこういうこと」をまとめてきました。

 

これは、私が新婚から約10年住み、子育ても「赤ちゃん期→幼児期→学童期」と経てきたこと

また、住み替えに向けて今までの生活を振り返り、徹底して住みやすさというものを追求した結果、行き着いた答えになります。

 

「住みにくい家になってしまう」には、ちゃんと理由がある。

そこをきちんと回避していけば、きっとご自分やご家族にとって住みやすい家になると思います!!

 

この記事が、自分たちの暮らしと間取りを考えるときのヒントになれば幸いです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

住みやすい家を考える際の一つのヒントとして、希望の間取りを作成してくれるサービスがあります。
しかも、利用はなんと無料

正直、間取りは多くの人にたくさん書いてもらった方が断然良いです。

 

というのも、どれだけ間取りを考えても同じ頭だと一方的な視点になりがちですよね・・?
でも、いろいろな人に書いてもらえると、新しい視点が加わり、新しいアイデアに出会えるものなのです。
なので、間取りのヒントをもらうためにも是非利用してみて下さいね!

無料で間取りを作成してもらえます。

※営業電話が嫌な方は、メールでのやりとり希望の旨を記載してね!

コメント

はーちゃん

中古住宅リノベ、建て替え、住み替えと紆余曲折して、理想のお家のたどり着いた主婦。
お家のことが大好き。ずぼらなのに綺麗なお家に住みたい願望を叶えるために、いかに家事で楽をするかを第一に考えて新居を建築。

はーちゃんをフォローする