スポンサーリンク

【間取り考察】住みにくい家になってしまう特徴5選《後半》

マイホームのこだわり

こんにちは。

わが家は、築30年の中古住宅を購入し、リフォームをして10年間住みました。

その後、家の建て替えを検討し最終打ち合わせまでいきましたが、結局、建て替えをやめて家は売却。

新たに土地を購入して注文住宅を建築しました。

まるで、すまいのフルコース。笑

大変でした。

 

住み替え前の家が、とても住みにくい家でした。

その理由を考察しています。

 

今回の記事は、こちらからの続きになります↓↓

まだ、こちらの記事を読まれてない方は、《前半》から読んでいただけると分かりやすいです。

 

では、早速つづきから参りましょう!

 

住み替え前の間取り

 

 

※購入者様がいらっしゃるので、間取りは完全に再現はしておりませんことをご了承下さい。また、購入された方は大幅にリフォームをされているので、現在の間取りは変わっています。

住みにくい家となった理由

 

以前の家に住んでいた際、私は家があまり好きではありませんでした。

 

家にいても落ち着かない。

自分たちの暮らしに合っていないから、日々の暮らしに労力がいる。

家は常に雑然としていて、いつもイライラ。

 

 

その考えられる理由はこちらです。

 

○住みにくい家となった理由○

①1階に適材適所の収納がない
②洗濯を干す場所がない
③来客が気になりトイレにゆっくり入れない
④和室が使い勝手が悪い
⑤キッチンからリビングや和室の様子が見えない

 

①②に関しては、《前半》で解説しましたので、今日は③④⑤について一つずつ解説していきます。

③来客が気になりトイレにゆっくり入れない

 

間取りを見て、気づかれましたでしょうか?

 

トイレと玄関が近すぎる問題。

 

玄関近くにトイレを配置することは良くあることで、珍しくもないのですが

旧居は、その配置の仕方に問題がありました。

 

 

このような配置です。

ポーチに面してトイレ窓。そしてインターホンは玄関扉の脇。

これだと、どうなるか分かりますよね?

 

 

はい。お客様がくると、こうなります。

 

音が絶対に聞こえてるってばー!!

 

 

これ、本当に何度も焦りました!

気配なく来られるんです。そして、突然のピンポンで、すぐ真横にいることに気づく。

 

絶対に聞こえているし、分かっているけど、お互いに何食わぬ顔で対応するしかない。

まだ、今後会うこともない営業マンとかなら良いんですが、これがご近所さんとかだったら・・・。

 

 

もう、思い出したくもないわ・・。

 

些細なことのように思われるかもしれませんが、

常にプライベートが外の空間と隣り合わせなので、結構なストレスでした。

 

③トイレ編 こうだったら住みやすかったのに!《願望》

 

玄関近くにトイレを配置するにしても、

 

ポーチに面してトイレ窓が来ないような配置にするか、

もしくは、間取り的にどうしてもその場所になってしまうのであれば

インターホンを玄関扉の脇に設置せずに、門柱をたてて離すと良いかと思います。

 

 

門柱にインターホンを設置すれば、お客様は家の敷地内まで入ってこずに、

門柱の前で待っていてくれます。

 

現在の新居では、この教訓から門柱を立てて、インターホンを玄関から離しました。

おかげで、人の気配を気にせずにゆっくりとトイレに入れます。

 

 

これ地味なようだけど、ホント大事。

④和室が使い勝手が悪い

 

1階の和室は、玄関ホールとリビングどちらともからアクセスできることが特徴でした。

 

 

出入り口のドアは、玄関側・リビング側のいずれも、ふすまです。

 

入り口が2カ所もあって、どこからでもアクセスがしやすく使い勝手が良さそうですよね?

だけど、これがとても使い勝手の悪い部屋だったのです。

 

リビング横の和室って、どんなイメージですか?

いろいろあると思いますが、子供が小さいときは遊び場になることが多いのではないでしょうか?

 

では、玄関横の和室は、どんなイメージでしょうか?

これも決まりはありませんが、玄関から直接アクセスできるので客間になることも多いのではないでしょうか?

 

 

このように、入り口が2カ所あることで、その家の用途に応じて使うことができる!・・ハズかと思うんですが。そうではなく。

 

なんというか、とにかく中途半端なんです!

 

問題点①
ふすま一枚分の開口しかないので、リビングとの繋がりが薄く、子供だけで遊びたがらない。

いつも、ママも来てって言われてました・・・。

結局、和室は寂しいようで、子供たちはリビングで遊んでいましたね。

問題点②
ふすま一枚でしか仕切られておらず、入り口も2カ所あるので、客間にしようにも気配がすごい。

お客様が泊まりに来られても落ち着かなかったです。

それは、きっとお客様も同じ事を感じていただろうな・・。

 

そんなわけで、【リビングとの一体感】もなく、【独立した客間】にもならない。

なんとも中途半端な使い勝手の悪い部屋でした。

 

収納もまったくない部屋(家)だったので、物が溢れて

和室に収納家具が集まり、最終的に物置のような部屋になりました。

 

④和室編 こうだったら住みやすかったのに!《願望》

 

わが家の子育て中というライフスタイルを考えると、

わが家の場合は、やはり子供の遊び場やピアノ置き場にしたいので、

大きく開口できる引き込み戸を使用して、リビングとの一体感を作ると住みやすかったなと思います。

 

もちろん、ライフスタイルは人それぞれだと思いますので、

リビングの他にもう一部屋を作るのならば、

【どのような使い方をしたいのか】ということをよく考えられて作られることをおすすめします。

 

新居では、こうしたよ

 

新居では、使い勝手が限定される和室をやめて、洋室に変更しました。

 

そして、3枚引き込み戸を採用して間口を2.5m以上確保。

子供の遊び部屋&ピアノ部屋にしています。

 

わが家のライフスタイルに合っていて、とっても住みやすいです。

 

⑤キッチンから和室やリビングの様子が見えない

 

⑤は説明がいらないと思いますので、簡単に終わります。笑

 

これは、本当にその家のライフスタイルによるかと思うのですが、

小さな子を子育て中だったわが家には、キッチンに立つと、周りの様子が見えないことが本当に大変でした。

 

だけど、誤解しないでほしいのですが、キッチンが奥まっていることが悪いというわけではなく、

子育て中ではなくてお料理が好きな人は、キッチンにこもってお料理に集中したい方もたくさんいらっしゃるかと思いますので、これは、何を優先するかによるかと思います。

 

ぜひ、【どのような暮らしがしたいのか】を考えて、間取りをご検討下さい。

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

前半と合わせて、住みにくかった家①~⑤までを語らせて頂きました。

あくまで、自分たちのライフスタイル、どのような暮らしをするかということによって

その家庭に合う間取りというものは異なってきます。

 

この記事が、自分たちの暮らしと間取りを考えるときのヒントになれば幸いです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

無料で間取りを作成してもらえます。

※営業電話が嫌な方は、メールでのやりとり希望の旨を記載すれば、電話はかかってきません。

安心して利用できます。

《はーちゃんの楽天room》

\マイホームのおすすめ品/

施主支給したもの、使って良かったもの、タイル、ライト、日用品etc..

コメント

はーちゃん

中古住宅リノベ、建て替え、住み替えと紆余曲折して、理想のお家のたどり着いた主婦。
お家のことが大好き。ずぼらなのに綺麗なお家に住みたい願望を叶えるために、いかに家事で楽をするかを第一に考えて新居を建築。

はーちゃんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました