112万人が利用してる家づくり支援サイトを覗いてみる

家づくり中に最も腹が立った話

注文住宅建築
スポンサーリンク

こんにちは。

わが家は、築30年の中古住宅を購入し、リフォームをして10年間住みました。

その後、家の建て替えを検討し最終打ち合わせまでいきましたが、結局、建て替えをやめて家は売却。

新たに土地を購入して注文住宅を建築しました。

まるで、すまいのフルコース。笑

大変でした。

 

 

今日は、家づくりにおいて、最も腹の立った話をしたいと思います。

 

行き詰って途方に暮れることは多々ありましたが

純粋に腹が立ったのはこの時が一番。

 

思い出しても腹が立つ。

皆さんには、こんな無駄な経験してほしくないから経験談を語ります~

皆さんは気を付けてね!

 

それでは、どうぞ~

 

スポンサーリンク

2度目のFP相談を受けてみる

それは、住み替えに向けて、新居の土地も決まり、ハウスメーカーも決まり、旧居の売却も決まり、やっとこさ打ち合わせも大詰めになって来た頃のお話です。

 

ハウスメーカーの担当の方から、提案を受けました。

 

ちょうどプロのファイナンシャルプランナーさんに相談できるイベントがあるので利用されてみませんか?

 

 

せっかくなのでお願いします。

実は、住み替え(建て替え)計画をスタートした初期の段階でFPさんに相談はしていましたが、

 

我が家は2年ほど家づくりにかかっているので、時間も経過したし、無料だし

初期のライフプランの通りに大丈夫なことを再確認したいという思いがあり

せっかくなので2回目のライフプランシミュレーションを利用してみることにしました。

 

でもこれがまさかあんな嫌な結果になるとは、この時は思いもしませんでした笑

 

FPさんとの初対面

この頃は、打ち合わせ三昧で、休日は毎回打ち合わせの日々でした。

小さな子を連れての打ち合わせは大変だし、子供たちも「また~」と飽き飽き。

でも、大切な家づくりなので家族で協力して乗り切っていました。

 

そんな中、ハウスメーカーの事務所にて、FPさんとの初面談日を迎えました。

頂いた名刺は、某保険会社のプランナーさん

この時点で、「ん?」とは思いました。

数年前に保険相談で利用したことがある会社で、その時は保険の契約の話だったのです。

 

でも、営業マンが「資金計画とライフプランの相談」と言っていたから、まさか保険を売りつけられたりはしないよね・・!(心の声)

挨拶と雑談を軽くして、いよいよ始まりました。

ライフプランをたてるにあたって、お二人のことをお伺いしても良いですか?

もちろんです。

(生活費とか生活スタイルとか教育にどれだけお金をかけたいとか知らないと作れないもんね)

ということで、私はてっきり、ライフプランに関係する事柄をいろいろと聞かれるのかと思っていたのですが、

聞かれる質問は、今まで生きてきた人生、つまり生い立ちについて。

 

え、そこから?(心の声)

まあ、丁寧にヒアリングをしようとしてくれているのかな・・

 

と納得しようとしつつも、質問が細かすぎて。

終いには、二人(私たち夫婦)はどこで出会ったのか。

どちらから告白したのか。どこで告白したのか。

プランナーさんは、その告白した場所までノートにメモってて笑

その情報、いります?(何度も言うけど、心の声)

 

いやまあね、自分たちの思い出話だから、話しているこちらも楽しいっちゃ楽しいのですよ。

プランナーさんとも打ち解けるし。

 

でも、こちらは子連れで時間がない~~!

ライフプランの話はまだか。と思っているところで既に1時間半!

子供も愚図るので、最後に生活費や子供にどこまでお金をかけたいか等の話をサクッとして

その日は終わりました。

 

 

この2時間は何だったんだろう…

もしかしたら、打ち解けるための作戦だったのかな。。

なんて、若干もやりながら帰路につきました。

 

いよいよ面談2日目

この日は、自宅に来ていただき面談をしました。

ライフプランを作成してきてくれるということで楽しみにしていました。

 

もともと、家計管理や資金計画の話が大好きなんです。

1度目のFPさんとの資金計画では問題なかったし、その後もネット等を使って自分で何度もシミュレーションもしているし、問題ないだろうと思っていました。

だから、今回はさらにもっと細かい制度や投資の話も聞けたら良いな~と思ってワクワク。

 

そして、いよいよ作成してきて頂いたライフプランとのご対面です。

 

いや~、びっくりしました・・

 

まさかの、赤字人生!!!笑

 

人生の終盤、資産マイナスですよ。

 

マイホームを契約する前とかなら、「マイホームは無理なんですね」ってなるかと思うんですが、我が家は契約前のシミュレーションでは問題なしだったので、契約済み。

むしろもうすでに着工もしている段階で引き返せない。

 

なんで?どうして?なぜここに来て急に赤字?やばくない?

 

 

 

固まっている私を前に、プランナーさんが言葉少なに動きました。

少し待ってくださいね。

そういって、パソコンを少し操作するプランナーさん。

 

すると、一気にグラフが変わり、黒字人生に!

 

ほら、できた♡

…え?何が起こった?(心の声)

 

突然、グラフが変わり、理解できない私たち。

プランナーさんが語り始めました。

 

このままだと赤字だけど、あることをすれば大丈夫です。

 

???

実は、変額保険に加入した場合をグラフに反映させたんです。

利率も良いから、資産形成にピッタリですよ。

 

変額保険とは保険契約者の支払う保険料を保険会社が投資信託などを対象とする特別勘定で運用し、運用次第で保険金や解約返戻金が変動する保険商品のことです。
投資なのでリスクはありますが、長期保有することによって一般の保険よりも大きな解約返戻金を受け取れる可能性がある保険です。

今は利率も良いし、他のお客様も年率〇%で運用できていますよ。

保険の話の前に、とりあえず先に赤字になった要因と、

今後いつ頃にどれくらい資産が足りなくなるのか、詳しく知りたいんですけど。

 

家計管理好きとしては、まずは現状把握からしたいので

保険商品の前に、ライフプランのグラフをしっかり見たい。

 

・・・

???

急に歯切れの悪くなるプランナーさん。

でも、純粋に我が家のライフプランを知りたかった私は、

お構いなくプランナーさんにグラフの中身を見せてほしいことを言いました。

 

・・・

 

???(どうした?)

 

 

 

ノロノロとようやく画面を見せてくれたプランナーさん。

変額保険を入力する前の赤字のグラフに戻してもらい、詳細を確認。

 

質問しながら見ていくけれど、相変わらずプランナーさんは口数が少ない。

 

そして、私は、衝撃の事実を見てしまったのです。笑

 

え?!大学費用なんでこんなに高いの?(驚きのあまりこれは本当に口から出ました笑)

そこには相場の何倍もの大学費用が打ち込まれていました。

あ、いや余裕を見とかないとと思って…。

その後も出てくる出てくる。意味の分からない費目で挙げられた金額たち。

子供のお小遣いまで数万で入ってましたね。

(どんだけの生活費やねん。)

 

前回お伝えした我が家の生活費なんて何にも反映されていない。

贅沢を極めた膨大な生活費が入力されていました。

これでは、我が家のライフプランなんて分かるはずもない。

 

ここで、ようやく私は気づきました。

 

(ああ、そうゆうことね。

このプランナーさんは、変額保険に加入してもらうことしか考えてないわけね。)

 

そうなんです。

だから、ライフプランを赤字にしておいて、変額保険に入れば一発解決♪

というシナリオにしてたんでしょうね。

もちろん、変額保険が悪いわけではありません!保証と投資がどちらともできるので、ある方にとっては良い保険なのは分かってます。

 

でも、今回は加入してもらうシナリオのために、ライフプラン等をかなりいじっていたことが問題

当初の目的は「わが家のライフプラン診断」のはずが

それをすっとばし

データを勝手に変え

現状の説明もなく、いきなり変額保険に加入のデータを初っ端から入れて

「ほら、黒字♡」

こちらのことが置いてけぼりもいいとこ。

 

いや、ありえないでしょ。人の時間を何だと思ってるん?

そんなんでごまかせると思ってるん?

やり方が浅はかすぎでしょう。(全部言わんけど)

 

 

ここからは、気まず過ぎて。笑

私も一応大人の対応ということで、場を収めるために、とりあえず変額保険の内容を見せてくれと言ったら

あ、今日そこまで話が行くと思ってなかったんで、用意していないんです…

 

・・・あ、そうですか。

 

こうしてプランナーさんは帰って行かれました。笑

 

教訓

いかがでしたでしょうか?笑

 

保険を売るために、赤字のグラフを作成して不安にさせておいて

保険商品に入れば大丈夫ですよ!…なんて分かりやすい手法なんでしょう笑

 

こんな子供だましみたいな手法を本当にやっているプランナーさんがいることに驚きましたが、

実際にされているということは、うまくいくケースもあるからなんでしょうね。

 

保険会社のプランナーさんは、やはり保険商品を売ることで自身のお給料が入ってきますので、仕方がないことなのかもしれません。

 

でも、こちらのことは何も考えてくれていませんよね。

時間も無駄にして、本当に腹が立ちます!

マイホームを購入したり、住み替えたりするような大きなライフイベントの際には資金計画が欠かせませんが、FPさんなら誰に相談しても良いわけでもないことが良くわかる出来事でした。

皆さんは、保険会社やハウスメーカに所属しているFPさんではない、

独立したFPさんに相談されることを強く強くお勧めします。

 

FP相談は有料の場合も多いですが、

無料でできるおすすめのFP相談がありますのでご紹介しておきます↓↓

ぜひ利用してみてくださいね!

\後悔しないマイホームにしよう/

「ライフプランの窓口」公式サイトを覗いてみる

 

マイホームが欲しいと思ったら、まずはコレをやってみてね

マイホームが欲しいと思ったら何からすればいいの?

とりあえず資料請求?

いきなり住宅展示場行っちゃう?

初めてのことで良くわかりませんよね。

 

でも、カタログ見るだけでは良く分からないし、

そもそも住宅会社は沢山ありすぎて、どこに資料請求したらいいのかも分からない。

そして、ガンガン営業電話がかかってくるのは絶対に嫌!!!

 

かといって、いきなり住宅展示場に行くのも実は家づくりを失敗しやすい原因の1つ。

  • 知識のないまま行くと営業マンのペースになってしまう
  • 1回話を聞くだけで2~3時間は当たり前。それを数社分×打ち合わせ回数。疲れることによって、考えたつもりに陥りやすい。
  • 子供も愚図って、カオス。

 

何千万もする一生に一度のマイホームなのに、

相手のペースに乗せられていることも気づかず、

打ち合わせを重ねることによって人は疲弊し、しっかり考えたつもりになって契約。

後から後悔するケースが本当に多いのです。

 

そんなの悲しすぎる…

 

 

そんな中、ぜひ利用して欲しいサービスが

注文住宅相談サイト【タウンライフ家づくり】

全国600以上の優良住宅会社から

あなたに合ったオリジナルの「家づくり計画書」が無料でもらえるのです。

 

え?良さそうだけど、そもそも「家づくり計画書」って何?

家づくり計画書って?

 

お家づくりって、住宅会社の情報が分かるだけでは進められませんよね?

 

そちらで建てるお家が素晴らしいのは分かったけど、どうせ高いんでしょ?

希望の間取りには出来るの?

土地もまだ見つかってないのに、どうすればいいの?

‥と、分からないことはいっぱい!

そこで!

ぜひ手に入れて欲しいものが、タウンライフ家づくりの「家づくり計画書」なんです。

 

【タウンライフ家づくり】からもらえる「家づくり計画書」とは

カタログだけでは分からない自分たちの希望に合った「間取りプラン」

坪単価では分からない諸費用含めた家の総額が分かる「資金計画書」

土地がないとはじまらない理想の家が叶うために大切な「土地情報」

 

この3つを簡単登録複数社より提案してもらえるので、

おうちで比較検討しながらおうち作りをスタートできるのです。

 

お家づくりにおいて、比較検討はとても大切 

特に注文住宅においては、現物の商品をみて購入するわけではないので
後悔しないためにもしっかり見極める必要がありますよね。
・内容
・提案力
・会社のカラー
・価格
・営業マンの人柄
どれかが欠けても満足のいく良い家づくりは叶いません。

 

この各社が出してくれる「家づくり計画書」の中から気になるお家があれば、

こちらから問い合わせてそこから進めていけばOKなだけ。

 

一軒一軒展示場に出向いたり、直接住宅会社とやりとりする必要がないので、とても助かりますね!

小さなお子様がいる方やお仕事が忙しい方にもとてもオススメです。

 

全て無料なので、利用しないと損!なくらいのサービス。

ぜひ、利用して後悔しないおうち作りをされてくださいね!

 

\営業電話をされるのが嫌な方は、備考欄に「メール希望」と書いてね!/

「タウンライフ家づくり」を覗いてみる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

はーちゃん

中古住宅リノベ、建て替え、住み替えと紆余曲折して、理想のお家のたどり着いた主婦。
お家のことが大好き。ずぼらなのに綺麗なお家に住みたい願望を叶えるために、いかに家事で楽をするかを第一に考えて新居を建築。

はーちゃんをフォローする