スポンサーリンク

10年住んでわかった!一戸建て「本当に良かったこと」4選

注文住宅建築

こんにちは。

わが家は、築30年の中古住宅を購入し、リフォームをして10年間住みました。

その後、家の建て替えを検討し最終打ち合わせまでいきましたが、結局、建て替えをやめて家は売却。

新たに土地を購入して注文住宅を建築しました。

まるで、すまいのフルコース。笑

大変でした。

 

前回の記事で、一戸建ての「いらなかったもの」について、お伝えしました。

10年住んで分かった!一戸建て「いらなかったもの」4選
戸建てに10年も住むと、あれこれとお気に入りの部分と不満点が出てきます。 「これは住みやすいわ~」ということや、逆に「こうだったら、もっと住みやすいのに!」ということが多々ありました。 当初は良いと思っていても、実際に住...

 

なので、今日は逆に「良かったもの」についてお話したいと思います。

一軒目となるリノベーションした中古一戸建てのお家での暮らしを基準に、良かった点を挙げていきます。

実際に長く住んでみて分かったことなので、ぜひご参考にしていただけると嬉しいです。

一戸建て「よかったもの」4選

【住み替え前の旧居の家】
○2階建ての一軒家
1階 LDK、和室、水回り
2階 寝室+クローゼット、子供部屋2つ
間取りはこちらです。
では、長く住んで実際に良かったことを4つ挙げていきますね。
①玄関から洗面所に直行できた
②回遊動線で家に行き止まりがなかった
③水回りが近くて、家事がしやすかった
④カーポートがあった
基本的に住みにくいお家ではあったんですが、
この4点は、非常に良かったです。
予算や構造上問題がなければ、2軒目のお家でも採用したいくらいでした。
では、どのように良かったのか、一つずつ説明していきますね!

①玄関から洗面所に直行できた

この《玄関→洗面所→お風呂》動線は、控えめに言って、最高でした。

 

子供が生まれ、外で遊び出すまでは、ここまでとは知らなかったのですが、
子供って、ほんっとーに泥まみれになります。
もしくは、頭から足先までびっしょびしょ!

 

こんな時に、玄関から洗面所に直行できる間取りは最高でした。

もし、直行できずに、リビングを経由してからしか洗面所に行けなかったら、
リビングが泥だらけ、水浸しになっていたと思います。

 

②回遊動線で家に行き止まりがなかった

【玄関→リビング→キッチン】表動線
【玄関→洗面所→キッチン】裏動線
この2つの動線が存在したおかげで、
1階はくるくると回れて、とても動きやすい家でした。
例)料理中にピンポンが鳴っても、裏動線(キッチン→洗面所)を通って、すぐに玄関に行ける
お客様がリビングにいても、裏動線で家事が気にせずに出来る
このように、動線が2つあると、一方が使えないときも、もう一方から回ることができますし
朝の準備など、家族が渋滞しそうな場面でも、誰か来たら終わった人は、反対の出口から出て行くので、混み合うこともありませんでした。

③水回りが近くて、家事がしやすかった

キッチンの真横が洗面所だったので、料理、洗濯、子供のお風呂の世話が

とてもやりやすかったです。

また、キッチンに立ったときに

【キッチン→洗面所→お風呂場】まで一直線で見えたので

子供の様子が見えやすく助かりました。

④カーポートがあった

カーポートがあると、雨の日にとても助かりました。

傘をささなくても良いし、車のシートも濡れません。

特に、子供が小さい頃は、チャイルドシートに座らせないといけないのですが
子供って、なかなか乗ってくれないんですよね~。ふんぞりかえてって大暴れ(白目)

これは、傘をさしながらだと、マジ無理!ブチ切れ中の子供って、意外と力が強いでず・・。

カーポートがなかったら、自分も子供もシートも全部びしょびしょになるところでした。

最後に

不満の多い1軒目でしたが、この4点はとても暮らしやすかったです。

10年住んだので、
新婚期→産後赤ちゃん期→イヤイヤ期など、どの時期でも

【これは良い♡2軒目でも採用したい!】と思った本当におすすめなものです。

間取りを考える際の参考になれば幸いです。

無料で間取りを作成してもらえます。

※営業電話が嫌な方は、メールでのやりとり希望の旨を記載すれば、電話はかかってきません。

安心して利用できます。

《はーちゃんの楽天room》

\マイホームのおすすめ品/

施主支給したもの、使って良かったもの、タイル、ライト、日用品etc..

コメント

はーちゃん

中古住宅リノベ、建て替え、住み替えと紆余曲折して、理想のお家のたどり着いた主婦。
お家のことが大好き。ずぼらなのに綺麗なお家に住みたい願望を叶えるために、いかに家事で楽をするかを第一に考えて新居を建築。

はーちゃんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました