スポンサーリンク

【注文住宅】わが家の絶対に譲れない4つの土地条件【土地探し】

土地探し

こんにちは。

わが家は、築30年の中古住宅を購入し、リフォームをして10年間住みました。

その後、家の建て替えを検討し最終打ち合わせまでいきましたが、結局、建て替えをやめて家は売却。

新たに土地を購入して注文住宅を建築しました。

まるで、すまいのフルコース。笑

大変でした。

 

土地探しの時に、みなさん【希望の条件】ってあると思います。

何坪以上、日当たり、駅近、自然が多い、予算内などetc..

 

だけど、希望を全てを満たした土地が予算内であれば良いのですが、なかなかそうにはならないことが多いものです。

なので、希望の条件の中でも、優先順位をつけていくことになっていきますよね。

わが家も、いろいろな土地を見ていく中で、わが家の譲れない土地条件というものを整理し、明確にしていきました。

特に、わが家は【土地が一番大切】だと結論が出ていたので、土地だけは妥協しませんでした。

 

 

今日は、そんなわが家の「譲れない土地条件」を公開したいと思います。

 

わが家の譲れない土地条件

①駅に近いこと(送迎不要で子供が動けること)

わが家は地方住まいなので、中心地から離れると途端に不便になり、車がないと生活しずらくなります。

もしも、駅までの送迎が必要な場所に住まいを構えると、

子供が高校生以上になり行動範囲が広がった時に常に送迎をしないといけなくなります。それは親子共々に負担が大きい。

子供たちが、各自で行動できるように駅近の土地は必須でした。

 

②治安の良いこと

子育て中なので、治安の良いことは絶対でした。

いろいろな土地を見に行く中で、やはりそこそこの地域で雰囲気というものがありました。

 

治安はもちろん、民度の高さ、街並みの綺麗さも重視しました。

娘がいるので、駅までの道のりの安全さも大切なポイントでした。

住めば都とは言いますが、それでも大切な子供が育つ場所なので、子供が安心して過ごせる場所を重視しました。

③比較的良い高校区

私たちが住んでいる地域は、公立高校への進学が一般的です。
公立高校のレベルが高く、私立高校は滑り止めに受けるような地域です。(もちろん有名難関私立もあります)

公立高校は住んでいる地域によって、受験できる学校区が異なってくるので

ちょうど高校区の境目のエリアで土地探しをしていたわが家は
「良い高校区エリアの土地」は絶対条件でした。

 

④老後に車を手放しても困らない立地

先ほども伝えたように、私たちは地方に住んでおり

少し中心地から離れると、車がないと生活が不便になってしまいます。

だけど、車の運転ができる今は問題ありませんが、必ずみんな年を取り車の運転が出来なくなるときがきますよね。

なので、そうなっても暮らしていけるように
駅やスーパー、お店、病院、コミュニティセンターなどが近い場所が希望でした。

 

絶対に譲れないポイントは高くても妥協しない

いかがでしたでしょうか。

もちろん細かな希望は他にもたくさんありますが、全てを叶えることは出来ませんので

どうしても譲れないところを整理し、わが家の絶対に譲れない土地条件は、以上の4つになりました。

 

この希望の土地を叶えるために、当初の予算より500万以上も土地代がアップしました。
その分、家をかなり小さくしました。

とても高い土地でしたが、譲れない土地条件を全て満たしており、払う価値があると納得しています。

そして、わが家の優先順位ナンバーワンの【土地】を妥協しなかったことで
家が小さくても、諦めた間取りがあっても、全く後悔していません。

この土地に建つ【家】が大好きになりました。

 

全てを叶えることは出来なくても、
絶対に譲れないところは、高くても妥協しない。その分は他で削る。

これが、満足のいく家を建てる秘訣かな・・と感じます。

 

みなさんの、絶対に譲れない条件は何ですか?

ぜひ、譲れるところ、譲れないところを明確にされていくことをお勧めいたします。

 

この記事がどなたかの参考になれば幸いです。

 

 

 

《はーちゃんの楽天room》

\マイホームのおすすめ品/

施主支給したもの、使って良かったもの、タイル、ライト、日用品etc..

コメント

はーちゃん

中古住宅リノベ、建て替え、住み替えと紆余曲折して、理想のお家のたどり着いた主婦。
お家のことが大好き。ずぼらなのに綺麗なお家に住みたい願望を叶えるために、いかに家事で楽をするかを第一に考えて新居を建築。

はーちゃんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました