【残債のある中で注文住宅へ住み替えた経験談】お金、ローン、スケジュール、現住宅の売却、土地購入、注文住宅建築。全ての流れを公開

住み替え
スポンサーリンク

こんにちは。

わが家は、築30年の中古住宅を購入し、リフォームをして10年間住みました。

その後、家の建て替えを検討し最終打ち合わせまでいきましたが、結局、建て替えをやめて家は売却。

新たに土地を購入して注文住宅を建築しました。

まるで、すまいのフルコース。笑

大変でした。

 

住み替えをしようとしていた時、とにかく「住み替え」に関する情報が少なくて大変だったことを覚えています。

 

通常の注文住宅建築の情報はたくさんあるけど、

「残債の残っている中での住み替え」の経験談や情報って本当に少ない。

 

ネット上にないだけでなく、実際のところ工務店の営業マンも「残債がある中での住み替え」を担当した経験のある方は少なく、知識があまりない方が多かった印象です。

だから、自分たちで行動するしかなかった。

手探りで先の見えない日々が、本当に不安でいっぱいでした。

 

なので。

今回は、わが家の「住み替え」に関する経験談を全て書いていきたいと思います。

あくまで、わが家の一例になりますが、参考になる部分もあるかと思いますので、

できるだけ詳しく書いて行きますね!

 

情報量が多く、読むのが大変で申し訳ないのですが。

住み替え成功のために、よろしくお願いします!

 

スポンサーリンク

わが家の「住み替え」の流れ〈前半〉

住み替えを決断してから、新居に引っ越すまで、ちょうど一年かかりました。

4月始まりで時系列で振り返ります。

※分かりやすいように、色分けしています。

黄色→土地と融資のこと
緑→新居のこと
赤→旧居の売却のこと

4月〜5月の流れ

《建て替えを諦め、住み替えることに決める》

 

→【住み替え計画スタート】

土地探しを始める。
土地が中々なく、建て売り住宅も視野に探し出す。
「購入したい」と思える建売住宅に出会うも、「やはり違う」と思い直し、購入をキャンセルすること2回・・。
完璧な土地や建物はないから、何を取捨選択していくのか、自分でも中々分かりませんでした。

建て替えも断念し、住み替えの土地も見つからず。

この期間は、うつになりそうなくらいの暗黒期でした・・。

 

 

6月の流れ

《ついに運命の土地(今の土地)に出会う!》
予算は大幅にオーバー。だから、建物にお金がかけられない‥。
建物代金次第では購入できない状況でした。
建築条件のない土地だったので、建物代を含めの総費用を把握するために、複数の工務店やハウスメ-カーに問い合わせをしまくって、概算見積もりをだしてもらう。
その頃の話は、こちら↓↓
【土地探し】欲しいけど迷ってる‥買付証明書を提出してもキャンセルできる?買付証明書を出すタイミングは?
新築を建てるために、土地を探している皆さま。希望を全て満たしている土地って、ほんっとうに、なかなかないですよね。でも、そんな中、「良いな」と思う土地に出会っちゃったらどうします?良いと思うけど‥「子供の学校区はどんな感じ?」「支払いは問題な...

 

我が家は、住み替えの前に建て替えを検討していたので、たくさんの住宅会社の情報を既に得ており、10日程でどの住宅会社に建築を依頼するかの結論を出せましたが、1からだったら無理でした。

だから住み替えたい方は本当に早め早めに準備しておいてね。

 

残債があるけど住み替えたい!何からすれば良いの?【土地を新たに買って注文住宅へ住み替え編】
今、住んでいるお家を売却して、新たに土地を買って家を建てたい!!と思っている方って実は結構いらっしゃいます。だけど「じゃあ実際にどうすれば良いの?」って思いません?ただ単に新たに住む場所を探す・・というのとはワケが違う。【住み替えでクリアす...

 

7月の流れ

《家を小さくすれば、何とか予算内で買えそうなことが判明》→ 【土地購入意思を固める】
建物の工務店決定
土地の売主と売買契約 手付金50万円支払う (ローンが通らない場合のみ、全額返金されます)

残金はローンを組むので、融資実行と所有権の移転は、8月半ばを指定される。

つまり、それまでに、銀行を見つけて、本審査OKをもらっておく必要がある

本審査をするということは、それまでに工務店と間取りや仕様を決めて、正式な見積もりを出しておく必要がある。
(つまり、やることがいっぱい)

 

工務店と仮契約 手付金50万円支払う
銀行へ事前審査(旧居の残債のある銀行)

8月の流れ

《住宅ローンの事前審査の結果が出る》→ 【旧居を売却して残債をなくすことが条件といわれる】

 

二回目の暗黒期。笑

土地のローンを通さないと、土地が白紙にもどってしまう..。

旧居が売れるまで待つ時間はないのに・・。

8月半ばの融資実行は間に合わず。土地の売主に待ってもらう。

良心的な売り主さんで助かりました。

売り主によっては、待ってくれないこともザラ。

 

皆さんは、わが家みたいに追い詰められないように、早め早めに動いてね!

 

《すぐに旧居の売却活動をスタート》
売却を仲介してくれる不動産を決めて、媒介契約を結ぶ
この仲介業者に住み替えのローンのことを相談すると、【旧居の残債のない別の金融機関だと審査が通る可能性がある】ことを教えてもらえました。

【ご自宅の売却は、必ず相見積もりをとることをおすすめします!】

わが家も3~4社に見積もりをお願いしました。
査定額は本当にバラバラ。数百万円違いました。
これを1社しか依頼しておらず、その査定額が低ければ、わが家の相場はその値段なんだと諦めて安い売値を付けていたと思います。
数社に査定を依頼すれば、おおよその相場が分かりますので、その相場に合わせて売値を決定できるのです。

相場を知るためにも、必ず複数社に相見積もりを取ってください。

こちらならAI査定も可能なので、より相場が正確に分かっておすすめ!

別の金融機関へローンの相談に行く(3件行きました)
旧居の売却をsuumo等で告知開始
内見希望者の対応開始
\わが家の内見対応のお話だよ/
【自宅の売却】購入希望者の内見には立ち会った方が良いの?【住み替えの体験談】
今日は、住み替えにおける【家の売却】のことをお話したいと思います。家の売却って、そうそう経験するものでもないので、分からないことだらけですよね。特に売却をする際に、避けて通れないのが購入希望者の内見です。内見結果が購入してくれるかどうかの一...

 

別の金融機関にて事前審査OKが出る(条件なし!)

 

同時進行で、工務店との新居の間取り等の打ち合わせ

 

この期間は、

①銀行への相談

②旧居の売却活動

③工務店との新居の打ち合わせ

同時進行で進んでいたので、大忙しでした。

 

でも、③の新居の打ち合わせは楽しかったな~。

 

とても長くなったので、後編に続きます。

後編では、旧居の売れたタイミング。地盤調査のセカンドオピニオン、住み替えにかかった現金などを話していきますね!

住み替えでは絶対に外せない「資金計画」

お金の動きが複雑な住み替えでは、必ず事前に資金計画をしっかり立てておくことをお勧めします!

\後悔しないマイホームにしよう/

「ライフプランの窓口」公式サイトを覗いてみる

 

資金計画は信頼できる第三者のFPにお願いしてね!

\わが家はこんな嫌な経験したよ…/

コメント

中古住宅リノベ、建て替え、住み替えと紆余曲折して、理想のお家のたどり着いた主婦。
お家のことが大好き。ずぼらなのに綺麗なお家に住みたい願望を叶えるために、いかに家事で楽をするかを第一に考えて新居を建築。

はーちゃんをフォローする